ウトラソニックトピック: "化学合成は、超音波処理によって大幅に改善することができます"

化学合成は、1つ以上の反応物を1つまたは複数の生成物に変換することを目的とした化学反応です。
強烈な超音波は、化学反応を改善するために適用することができます(すなわち、合成と触媒) – ソノケミストリーとして知られる分野。化学反応に対する超音波の効果は、液体中の音響キャビテーションの生成に基づいています。超音波処理は、化学混合物にエネルギーを導入し、キャビテーションによる局所的に極端な条件を生成し、大量移動を促進します。それにより、合成(ソノ合成)や触媒(ソノ触媒)などの化学反応を大きく高めることができる。超音波エネルギーは、反応を誘発し、加速することができ、変換速度を増加させるだけでなく、代替合成経路を確立します。その結果、超音波は、合成反応をより効率的に、より速く、環境にやさしくすることができます。
ヒドロキシアパタイト、銀ナノ粒子、Mnの超音波合成反応3ザ・4ナノ粒子と多種多様なコアシェル粒子が広く研究され、工業規模の生産にスケールアップに成功しました。

UIP4000hdT - 4000ワットの強力な超音波プロセッサは、使用済みリチウムイオン電池のリサイクル中に陰極分離と金属浸出。

このトピックに関する 12 ページが表示されています。

均質化、抽出、または低温殺菌などの工業用食品加工のための超音波バッチ反応器。

ソノケミストリーとソノケミカル原子炉

ソノケミストリーは、高強度超音波が化学反応(合成、触媒、分解、重合、加水分解など)を誘導、加速、および修飾するために使用される化学の分野です。超音波生成キャビテーションは、化学反応を促進し、激化させるユニークなエネルギー密度の高い条件によって特徴付けられる。高 速…

https://www.hielscher.com/sonochemistry-and-sonochemical-reactors.htm
超音波フローセル反応器

ラボ超音波装置用フローセルとインラインリアクター

超音波ラボホモジナイザーは、液体やスラリーのバッチ処理およびインライン処理に使用することができます。典型的な用途には、均質化、分散、乳化、溶解、ならびにソノ化学反応が含まれます。連続インライン超音波処理、フローセル、さまざまなサイズのインライン反応器…

https://www.hielscher.com/flow-cells-and-inline-reactors-for-lab-ultrasonicators.htm

詳細情報の要求

あなたが探しているものが見つからなかった場合は、お問い合わせください!

予めご了承ください。 個人情報保護方針

私たちはあなたのプロセスを議論して喜んでいるでしょう。

連絡を取りましょう。