ヒールシャー超音波技術

超音波処理によるSARS-CoV-2コロナウイルス不活性化のためのプロトコル

ヒールシャー VialTweeter はコロナウイルス SARS-COV-2 を不活性化するために使用される独特な超音波多サンプルの準備単位である。VialTweeterは同時に10までのサンプルバイアルを準備することを可能にし、それによって大量サンプル処理のための理想的な単位である。

VIAを用いてSARS-CoV-2コロナウイルスを非活性化

After removing the fixative, monolayers were washed three times with phosphate-buffered saline (PBS) before scraping cells into 1mL MEM/5% FBS and sonicated (3 × 10 second on, 10 seconds off at 100% power and amplitude) using the Hielscher ultrasonic processor VIAlTweeterを使用したUP200St 添付 ファイル。上清は、10分間3000×gの遠心分離機で明らかにした。

以下のWelchらによるSARS-CoV-2コロナウイルスの不活性化に関する完全なプロトコルをここで読んでください。

細胞とウイルス

ベロ E6 細胞 (ベロ C1008;ATCC CRL-1586)は、10%(v/v)胎児子牛血清(FCS)を添加した修飾イーグルの最小必須培地(MEM)で培養した。使用されたウイルスは、2020年29月1日に英国で最初の患者クラスターからPHEによって分離された、SARS-CoV-2株hCOV-19/イングランド/2020であった。このウイルスは、継代1で得られ、継代2又は3の不活性化試験に用いた。
SARS-CoV-2不活性化に使用される試薬および化学物質、ならびに試薬細胞毒性の除去については、Welchらの科学的報告を参照してください(2020)。

The ultrasonic sample preparation unit VialTweeter is used for the inactivation of SARS-CoV-2 coronavirus

洗剤によるウイルス不活性化 – SARS-CoV-2 ウェルチらによるコロナウイルス不活性化プロトコル 2020

SARS-CoV-2 の無効化

市販品の場合、ウイルス製剤(組織培養液、1×10から及ぶタンター)6 1 × 108 PFU/ml) were treated in triplicate with reagents at concentrations and for contact times recommended in the manufacturers’ instructions for use, where available, or for concentrations and times specifically requested by testing laboratories. Where a range of concentrations was given by the manufacturer, the lowest ratio of product to sample was tested (i.e. lowest recommended concentration of test product). Specimen transport tube reagents were tested using a ratio of one volume of tissue culture fluid to ten volumes of reagent, unless a volume ratio of sample fluid to reagent was specified by the manufacturer. Detergents, fixatives and solvents were tested at the indicated concentrations for the indicated times. All inactivation steps were performed at ambient room temperature (18 – 25°C). For testing of alternative sample types, virus was spiked into the indicated sample matrix at a ratio of 1:9, then treated with test reagents as above. All experiments included triplicate control mock-treated samples with an equivalent volume of PBS in place of test reagent. Immediately following the required contact time, 1mL of treated sample was processed using the appropriately selected filtration matrix. Reagent removal for inactivation testing was carried out in a larger spin column format using Pierce 4mL Detergent Removal Spin Columns (Thermo Fisher), or by filling empty Pierce 10mL capacity centrifuge columns (Thermo Fisher) with SM2 Bio-Beads, Sephacryl S-400HR or Sephadex LH-20 to give 4mL packed beads/resin. For purification using Amicon filters, 2 × 500μl samples were purified using two centrifugal filters by the method previously described, then pooled together. For formaldehyde and formaldehyde with glutaraldehyde removal, one filter was used with 1× 500μl sample volume, resuspended after processing in 500μl PBS, and added to 400ul MEM/5% FBS. For inactivation of infected VialTweeter at the ultrasonic processor UP200STモノレイヤー、12.5 cm2 ベロE6細胞のフラスコ(2.5×106 cells/flask in 2.5mL MEM/5% FBS) were infected at MOI 0.001 and incubated at 37°C/5% CO2 for 24 hours. Supernatant was removed, and cells fixed using 5mL of formaldehyde, or formaldehyde and glutaraldehyde at room temperature for 15 or 60 mins. The fixative was removed, and monolayers washed three times with PBS before scraping cells into 1mL MEM/5% FBS and sonicated (3 × 10 second on, 10 seconds off at 100% power and amplitude) using a UP200St with VialTweeter attachment (Hielscher Ultrasound Technology). Supernatants were clarified by centrifuging at 3000 × g for 10 mins.


閉じたバイアルの強烈な超音波処理のためのバイアルツイーター

クローズドバイアルの激しい超音波処理のためのVialTweeter

情報要求




私たちの注意してください 個人情報保護方針


Various reagents have been tested for the inactivation of the SARS-CoV-2 coronavirus using the ultrasonic sample prep unit VialTweeter.

SarS-CoV-2 コロナウイルスの超音波 VialTweeter によるプロトコルに従って使用される試薬の詳細 2020

ヒールシャー VialTweeter の使用を含む完全なプロトコルは、ここで見つけることができます。
Welch, Stephen R.; Davies, Katherine A.; Buczkowski, Hubert; Hettiarachchi, Nipunadi; Green, Nicole; Arnold, Ulrike; Jones, Matthew; Hannah, Matthew J.; Evans, Reah; Burton, Christopher; Burton, Jane E.; Guiver, Malcolm; Cane, Patricia A.; Woodford, Neil; Bruce, Christine B.; Roberts, Allen D. G.; Killip, Marian J. (2020): Inactivation analysis of SARS-CoV-2 by specimen transport media, nucleic acid extraction reagents, detergents and fixatives. Journal of Clinical Microbiology. Accepted Manuscript Posted Online 24 August 2020.

The multi-sample ultrasonicator VialTweeter allows for simultaneous sample preparation of up to 10 vials under same process conditions. The VialTweeter is an established ultrasonic device used for the inactivation of corona virus SARS-CoV-2 (Click to enlarge!)

超音波ウイルスの不活性化のためのVialTweeter

一目でVialTweeterのメリット

  • 同時に10までのバイアルの超音波処理
  • クロスコンタミネーションなし
  • サンプルロスなし
  • 自動データ記録
  • 操作が容易で安全
VialTweeterは、以下の目的で使用されます。

  • 細胞リシス
  • ウイルス粒子破壊
  • 核酸抽出:DNA/RNAの単離
  • DNA/RNA断片化
  • 溶解溶解
  • 超音波ディスメムブラクタと細胞破壊器

    マルチサンプル超音波装置VialTweeterは、生物学的、生化学的および臨床検査室でのサンプル調製のための多くの超音波ソリューションの1つに過ぎません。ヒールシャー超音波は、例えば、細胞溶解、細胞抽出、組織均質化、溶解溶解、溶解、溶解、サンプル脱気など、あなたのアプリケーションのための理想的な超音波ディスメンブラターを提供しています。
    あなたが直接または間接的な超音波処理を好む場合、あなたは時間と日ごとに処理しなければならないサンプルの数と、超音波サンプル治療のターゲットが何であるかを教えてください。私たちはあなたの毎日の仕事のルーチンのための最も適した超音波ユニットをお勧めします!
    ヒールシャー超音波のデジタル超音波プロセッサは、スマートソフトウェア、自動データ記録、温度制御のための簡単な事前設定オプション、超音波処理期間、サイクル/パルスモードだけでなく、サンプル照明とブラウザのリモートコントロールが装備されています。私たちはあなたの研究や作業ルーチンができるだけ便利で成功するように、私たちの超音波装置を可能な限りスマートにするよう努めています。
    VialTweeterで超音波サンプル調製のプロトコルを含む、より多くのアプリケーションを見つけるために、ここをクリック!

    お問い合わせ! / 私達に聞いてくれ!

    詳細を尋ねる

    超音波プロセッサ、アプリケーション、価格に関する追加情報を要求するには、以下のフォームを使用してください。私たちはあなたとあなたのプロセスを議論し、あなたの要件を満たす超音波システムを提供するために喜んでいるでしょう!









    予めご了承ください。 個人情報保護方針


    Ultrasonic high-shear homogenizers are used in lab, bench-top, pilot and industrial processing.

    ヒールシャー超音波は、ラボ、パイロット、工業規模でアプリケーション、分散、乳化および抽出を混合するための高性能超音波ホモジナイザーを製造しています。

    文献 / 参考文献



    知る価値のある事実

    ベロセルとは何ですか?

    ベロ E6, また、ベロ C1008として知られています (ATCC番号.CRL-1586)は、Vero 76のクローン細胞株であり、SARS-CoVおよびSARS-CoV-2コロナウイルスの研究に使用されている。ベロ細胞は細胞培養で使用される細胞の系統である。ザ ベロ’ 系統は、アフリカの緑色のサルから抽出された腎臓上皮細胞から単離された(クロロセバスsp.)。
    Vero E6細胞は接触阻害を示すので、ゆっくりと複製するウイルスを伝播するのに適している。ベロE6細胞株は、コロナウイルスSARS-CoVおよびSARS-CoV-2の細胞病理学をベロ細胞(アフリカの緑色のサル腎臓細胞)として調査するために一般的に使用され、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体の豊富な発現を示す。ACE2受容体は、SARS-CoV-2コロナウイルスの主要なドッキング部位です。
    例えば、オガンドら(2020)はSARS-CoV-2を発見した – SARS-CoVと比較して – より高いレベルの細胞内ウイルスRNAを生成したが、感染性のウイルス子孫は約50倍少なく、培地から回収された。さらに、コロナウイルス複製の3つの確立された阻害剤(レムデシビル、アリスポリビルおよびクロロキン)に対する2つのウイルスの感受性は非常に類似しているが、SARS-CoV-2感染はペグ化インターフェロンαを有する細胞の前処理に対して実質的に敏感であると判断した。2つのウイルスの重要な違いは、その事実です – ベロE6細胞の通過時 – SARS-CoV-2は、スパイクタンパク質遺伝子の適応的突然変異を獲得するための強い選択圧力にさらされているようです。これらの突然変異は、S1ドメインとS2ドメインを結ぶ領域における推定「フリン様切断部位」を変化または削除し、プラークアッセイにおいて非常に顕著な表現性変化をもたらす。