ヒールシャー超音波技術

生分解性ナノスフィアを生産

生分解性ミクロおよびナノ粒子は、容易に滅菌条件下で実行することができ、連続的、contact-及び汚染のないプロセスで製造することができます。

前書き

ポリ(ラクチド-co-グリコリド)(PLGA)又は他の材料で作られた生分解性マイクロおよびナノスフィア(MS、NS)は、薬物および抗原標的化するための固有の能力を有する非常に強力な薬物および抗原送達システムです。 PLGA NSを生成するための本発明の方法は、典型的なバッチプロセスであり、滅菌条件下でアップスケーリングの問題に苦しみます。ここでは、連続、contact-でPLGA NSを製造するための新規かつエレガントな方法を提示し、 汚染のないプロセス それは容易に無菌条件下で実行することができます。全体の製造プロセスの間、生成物は、滅菌ガラスおよびテフロン(登録商標)チューブと直接接触しています。プロセスは、任意の環境汚染を防ぐために、クローズドシステムで実行することができます。

メソッド

PLGA50:50ナノ粒子(Resomer(登録商標)RG503H、ベーリンガーインゲルハイム)は変性溶媒抽出/蒸発法を用いて製造した[1]。ジクロロメタン(2または5%)に溶解したPLGAは、非接触フロースルーを含む新規な実験セットアップにより水性0.5%(w / w)のPVA溶液に分散させました 超音波セル。粗O / W分散最初マグネチックスターラーで予備混合した後に均質化しました 超音波フロースルーセル (8 O-及びW相の流量は1でした)。最初に形成されたPLGA-溶媒ナノ液滴は徐々にPLGAナノ粒子になるようにチューブ内の通路中に固化しました。粒子の最終的な硬化は、0.5%PVA溶液の大容量で達成されました。

図1:PLGAナノスフェアを製造するための実験のセットアップ

図2:のデザイン 超音波フロースルーセル

結果

容易32W超音波パワーでDCM中の2%PLGA溶液から調製されたナノメートル485の平均直径を有するナノ粒子(表1)。サイズ分布はわずかなテーリング(図3A)でモノモーダルでした。ナノ粒子サイズは、10と90%のパーセンタイルに従って175から755 nmまで延長しました。平均粒径のわずかな変動によって反映されるように、製造プロセスの再現性は、一貫して良好でした。低下 エマルジョンの 音場における14〜7秒の滞留時間は、ナノ粒子のサイズにわずかな影響しか及ぼさなかった。しかし、音波処理パワーを32から25Wに減少させると、サイズ分布曲線のより顕著なテーリング(tailing)によって引き起こされる平均粒径が485nmから700nmに有意に増加した(図3A)。それほど顕著ではないが、2%PLGA溶液の代わりに5%を使用した場合、485〜600nmの平均粒子サイズが有意に増加した。

最後に、より親水性PLGAは、サイズ及びサイズ分布を平均粒子の顕著な変化なしに、より疎水性と低分子量PLAのために交換しました。違いは、2%ポリマー溶液から調製された粒子の異なるバッチの形態では観察されませんでした。それらはすべて、完全に球状の形状及び滑らかな表面(図3B)を示しました。 5%PLGA溶液から製造された粒子が、しかし、より少ない球状で、わずかにしわ面と、2個のまたは時にはそれ以上の粒子(図3C)の融合を示しました。

異なる条件下で調製50のナノスフェア:表1は、PLGA50の直径を意味します。絶対偏差±二つのバッチの平均。

図3:PLGAナノ粒子。 (A):2%/ 32W、5%/ 32Wの/超音波パワーポリマー濃度で調製された粒子のサイズ分布、および2%/ 25W%。 = 14秒の滞留時間。 (B)、(C)はそれぞれ、2および5%ポリマー溶液から調製された粒子のSEM写真。滞留時間= 14S;超音波処理電力= 32W。バーは1ミクロンを表します。

考察と結論

超音波フロースルーセル 生分解性高分子ナノ粒子のエマルジョン溶媒抽出/蒸発基づく生産によく適していることが分かりました。今後の研究では、プロセスをアップスケーリング、さらに細かいエマルジョンを得るために、電源入力の増加に向けられます。また、油中水型の調製のための細胞の適合性 エマルション例えば薬剤を充填したミクロスフェアへのさらなる処理のため、検討します。

より多くの情報をリクエスト!

あなたは超音波のこのアプリケーションに関する追加情報を要求したい場合、下記のフォームをご利用ください。









予めご了承ください。 個人情報保護方針


文献

フレイタス、S .;ヒールシャー、G .;マークル、H. P .;ガンダー、B:欧州の細胞と材料巻:で、生分解性ナノスフィアを製造するための高速かつ簡単な方法。 7.補遺。 2、2004(28ページ)

この情報は、バイオマテリアルのスイス協会で発表されました